節約のカギは栄養バランスと自炊にあり

節約についてはいろいろ試しました。広告を見てスーパーをはしごする、旬というよりは底値の商品が売られていたから買って作る、それを食べる。ポイントを利用して得をする。閉店間近のスーパーで買い物をする。

結果、どれもそれ単体では食費だけを見ると節約できたように思えても実際は、ガソリン代、医療費、甘いものなど他に支払う金額と相殺すると本当に節約出来たとは言えないと実感しました。

スーパーのはしごは、ガソリン代を考え重たいものを購入すると決めたお店に車を駐車し停めれる時間内で他のスーパーや直売所へ歩いて行くことで健康のために歩くことと、新鮮なものを安く、そして牛乳や調味料などの重たいものはストレスなく車で自宅へ持ち帰れるようにした現在のパターンに落ち着きました。

底値ばかりを気にしてそれだけで調理となると、生活の中で感じる季節や周囲との輪から自分が切り離されているようでストレスを感じました。

今では、もちろん広告の品や底値品を買いますが、そこに一つ旬を意識して無理のない範囲で手を出します。先日、アサリは健康にいいとテレビで言っていたのが気になり、たまたま広告の品としてありました。底値ではなくても、ここは購入。

それが調理する自分の気持ちを少し柔らかくしてくれました。無理していた時は、余計にお菓子を食べたりしていました。閉店前のスーパーでの買い物は、それを常とすると一からの調理がもうしたくなくなるのでは、と自分の甘さがよくわかるのでせずに自炊です。

こうすることで、風邪をひくことも少なく医療費はほとんどかかりません。これが何よりの節約です。